森口瑤子は“奇跡のアラフィフ”カジュアル衣装に絶賛の声

2020年03月23日 15時21分

森口瑤子のインスタグラム(@yokomoriguchi_official)から

“3代目女将”の美貌にうっとり――。美人女優の森口瑤子(53)が23日、インスタグラムを更新。ドラマ「相棒」(テレビ朝日系)の和装とは対照的なカジュアルスタイルを披露した。

 森口は胸に黒い犬の刺しゅうをあしらったカットソー姿で写真を撮影。「このワンコが可愛いんだ、また」と言葉を添えた。フレンチブルドッグなのか、チワワなのか不明だが、有名デザイナー、タエ・アシダ氏(55)の手によるもののようだ。

 先日放送された「相棒season18 テレビ朝日開局60周年記念 最終回スペシャル『ディープフェイク・エクスペリメント』」では、高樹沙耶(益戸育江=56、鈴木杏樹(50)以来空席となっていた小料理屋の3代目美人女将として登場。主演の水谷豊(67)とは、2時間ドラマ「地方記者・立花陽介」の夫婦役以来の共演で、代表作「温泉(秘)大作戦」をほうふつさせる妖艶な着物姿が話題を呼んだ。

 何を着ても美しい“奇跡のアラフィフ”に、コメント欄は「可愛いですね」「瑤子さんいつも素敵です とても綺麗」「超美人」「スポーティーなお姿も素敵」「美人に歳なしとは言いますが瑤子さんお若いですね~今後も応援していますよ~」「カジュアルもいいですっ」など、称賛の声が絶えなかった。