「テセウス」竹内涼真&鈴木亮平の“肩組みショット”公開 放送終了後も更新

2020年03月23日 10時54分

TBS日曜劇場「テセウスの船」公式インスタグラム(@theseus_tbs)から

 22日に25分拡大版で最終回を迎えたサスペンスドラマ「テセウスの船」(TBS系)の番組公式インスタグラムが23日に更新され、主演の竹内涼真(26)と鈴木亮平(36)が“肩組みショット”を披露した。

 竹内と鈴木のツーショット。2人の笑顔からはやり切った満足感がうかがえる。写真には「テセウスの船、さいごまで見ていただきありがとうございました みなさん楽しんでいただけましたか? テセウスの船は、心さんと文吾お父さんのさつえいでオールアップしました インスタグラムはこれで… おしまいではありません!! これからちょっとずつ、クランクアップのようすや、とっておきの動画もおとどけします。楽しみにしててくださいね」とメッセージが添えられ、放送終了後もオフショットが更新されるようだ。

 物語は、31年前に起きたある村の大量毒殺事件に端を発する。駐在所の警官・佐野文吾(鈴木)が犯人として逮捕され、死刑判決を受けながらも一貫して無罪を主張。その息子・心(竹内)は冤罪の可能性を信じて調査中に突如、タイムスリップし、時空を超えて真実を探し求める。

 漫画誌「モーニング」(講談社)に掲載された「テセウスの船」(東元俊哉)が原作だが、東元氏がドラマ版は原作と結末が違うことをにおわせていたことから、ネット上では“犯人探し”が過熱し、最終回が注目されていた。

 コメント欄には、フォロワーから「スタッフの皆さんもお疲れ様でした!! インスタ投稿待ってます!!」「2人ともかっこよかったーーー」「感動しました」「最高すぎ!オフショ公開とか嬉しすぎて~!」など、歓喜の声が寄せられた。作品は動画配信サービスParaviで楽しめるほか、7月22日にDVD&ブルーレイが発売される。