4月から予定通り公演の劇団も 芸能界の開店休業は新年度に変化か

2020年03月21日 17時00分

 政府は20日夕、新型コロナウイルス感染症対策本部会合を首相官邸で開催し、3月2日から春休みに入るまでとしていた小中高などの一斉休校要請の延長見送りを確認した。大規模イベント開催の可否に関しては、政府の専門家会議の見解を参考に主催者に慎重な判断を求めた。

「KinKi Kids」堂本光一主演ミュージカル「Endless SHOCK」はこの日から再開予定だったが急きょ取りやめ、31日までの全公演中止を発表した。

 いまだ混乱が続く中、劇団「アリスインプロジェクト」は、4月1~5日に予定されている舞台「アリスインデッドリースクール永遠」(新宿・シアターブラッツ)の実施を決めた。公演当日は感染対策を徹底し、最善を尽くすという。

 同日、都内で舞台の制作発表会が行われ、ダブル主演を務める平瀬美里(17)、石川凜果(21)らが出席。高校2年生の平瀬は「私なりに演じられるよう、役としても、自分自身としても成長できるように頑張りたい」と意気込んだ。

 また石川は「昨日、初めて稽古場で最初から最後までの通しをやった。最後のシーンも本番さながらの熱量で、初めての通しなのかなって思うくらい。本番まであと10日間くらいあるので、私もどうなるかなと楽しみ」とにこやかに話した。

 長年ファンに愛されているシリーズの最新作とあって、公演チケットは完売日も続出。「状況がこのまま進めば、4月から公演を再開するところは増えてくるだろう。特に小規模なところはそう。いつまでも休演となると、成り立たなくなるところも出てくるから」とイベント関係者。

 開店休業状態だった芸能界も、新年度を迎えたところで、徐々に“通常”に戻ることになるだろう。