世界的マスク不足でイタリアにも「変態仮面」参上!

2020年03月18日 17時00分

 日本政府が新型コロナウイルス対策で15日からマスクの転売を禁止したことで、品薄状態の緩和が期待されたが、いまだ入手は困難な状況だ。マスク不足は世界でも深刻化している。本紙は先週、自前のパンツをかぶってマスク代わりにする“変態仮面”の出現を報じたが、いまや感染者数世界2位となったイタリアにも参上していたことが判明。日本ではメンズ下着と同じ素材を使ったマスクを販売する業者もある中、決して変態ではない“まっとうなパンツかぶり者”が出没間近だ。

 マスク不足が一向に解決しない。日本政府は15日からマスクの転売を禁止し、オークションサイトやフリマアプリから出品が消えた。これで街中のドラッグストアやコンビニにマスクが並び始めるかと思いきや、その気配は全くなし。「入荷時期未定」「本日の入荷はなし」の看板はそのままで、品薄状態は変わっていないのだ。

 混乱に乗じ、マスクを転売する不届き者は駆逐できたとしても、本当にマスクが必要な人には困った事態も。

「持病があるので感染リスクを減らすためにどうしてもマスクは必要。5倍、10倍くらいの値段なら仕方がないとフリマで買っていましたが、もうどこでも買えない」(30代主婦)。いくらおカネを積んでも買えない状況に陥ってしまった。

 ネット上では手作りマスクで代替しようとの呼びかけがされている中、ついに本紙で取り上げた「変態仮面もアリでは!?」というのが、現実味を帯びてきた。

 中国で、英国旗Tバックを頭にかぶって、マスク代わりにした西洋風老人の動画が拡散されている現象を本紙では報じたが、この波はイタリアでも起きていた。

 いまや感染者数が3万人超、死者も2500人を超えるなど、中国に次ぐ感染国になってしまったイタリアでは、あるモロッコ人男性が使用済みパンツをかぶり、ゴーグルをつけ、現地の窮状を屋外からリポートしユーチューブに投稿していたのだ。

 英国旗Tバック老人は、パンツの上に帽子をかぶっているため“変態感”が薄かったが、モロッコ男性はかぶり物ナシ。パンツの色は薄い水色、ウインタースポーツ用とみられるゴーグルは黄色で、医療従事者っぽく見えなくもない。

 またゴーグルの形からして、“戦隊モノの元祖”で有名な「秘密戦隊ゴレンジャー」(1975~77年、テレビ朝日系)に出てくるアカレンジャーに見えなくもないが、ぶっちゃけ恥ずかしくないのか? それとも、大の大人が外でこんな格好をしても浮かないほど、イタリアはパニックになっているということなのか!?

 マスク代わりとはいえ、さすがに日本でTバックやパンツを頭からかぶるのは抵抗がある。しかし、メンズ下着の某人気ブランドは、パンツと同じ素材を使ったマスクを既に製造、販売していたから驚きだ。

 同ブランドはコロナ禍に便乗したわけではなく、ボクサー、ビキニ、Tバック、トランクスなど数あるカテゴリーの中で、コスチュームの一つとしてラインアップ。商品情報には「立体構造でぴったりフィットするデザインマスク登場!」「こちらの商品は医療用マスクではありません」と書かれている。

 このブランドのファンは「このマスクを使う時が来たかもしれん」「暗い気持ちを打ち消すのにいいですね!」「近未来的ですねぇ」などとツイート。素材はパンツだが、見た目はマスクそのものだけに違和感はない。だが、あいにく人気商品らしく、すぐ品切れになってしまうという。

 となるとやはり“最終手段”となるのはTバックやパンツをそのまま直かぶりする“変態仮面”となってしまうのか。

 既にネット上では「試してみよう」というつぶやきも散見される。一刻も早くマスク不足が解消されなければ、日本でも“変態仮面”がいつどこに出没してもおかしくない状況になってきた。