東出昌大を待ち受ける「一生絶対服従」 離婚回避でも杏の冷徹視線に“おびえる小動物”生活

2020年03月18日 17時00分

東出は杏の許しは得られるのだろうか

 女優・杏(33)との離婚危機に直面している俳優の東出昌大(32)が17日、不倫騒動後初めて公の場に登場し、涙をこらえながら謝罪の言葉を繰り返した。杏との1回目の直接会談はすでに終了したという。離婚か元サヤか? 口ぶりから察するに、事態は好転しているようにも映ったが、収まったら収まったで、東出にはつら~い家庭生活が待つ。なぜなら、杏の“ドS調教”が待っているからだ。家庭内マウンティングは死ぬまで杏が上。常に上から目線の妻のご機嫌をうかがいながら、暮らすことになる。

「このたびの件、最も謝罪しなければならないのは、妻に対してだと思っています」

 そう語り、東出は深々と頭を下げた。この日、ナレーターを務める映画「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」(20日公開)のトークイベントに豊島圭介監督(48)と登壇。終了後、囲み取材に応じた。

 全身黒で固めた東出は以前に比べてゲッソリ。頬はこけ、手の甲は骨と皮だけ…。左手薬指に指輪はなかった。

 年明け早々、“文春砲”を被弾した東出。若手女優・唐田えりか(22)との“3年不倫”が報じられ、激怒した杏に3人の子供と住む自宅から追い出された。

 離婚か、それとも――日本中が注目する2人の話し合いは、東出の主演ドラマの撮影が終了した今月10日以降に行われた。時間にして約1時間。共通の知人も同席したそうだが、基本的には1対1だった。

 東出はここでも「裏切って申し訳ない気持ちを伝えました。裏切りから一生消えない傷を負わせてしまいました」とわびたが、会談の詳細については「カメラの前で私の希望や意思をお伝えして、それを妻がテレビで見たら、必ずや傷つけてしまうことになると思いますので、お答えできません」と発言を控えた。

“熟女リポーター軍団”からは「杏さんと唐田さん、どちらが好きですか?」というエグい質問も。東出は「…お答えできません」と、うっかり口を滑らすことはなかった。

 最後は「人を裏切らず、一日一日最善を尽くして生きていきたいです」と頭を下げ、退場。全体的な印象からは、離婚よりも関係修復に向かっているようにうかがえる。

 2人を知る芸能関係者は「そもそも杏さんの許可なく囲み取材はできない。話し合いは継続していくそうだが、いずれ夫婦で落としどころを見つけるのではないか」と指摘する。

 だが、元サヤに戻ったところで東出には過酷な日常が待っている。これだけの失態を演じたのだから、家庭内マウンティングは生涯にわたって杏が上になるのは明白だ。

 前出の関係者は「杏さんがブチギレたのは、唐田さんとの不倫だけではない。育児の手助けもせず、飲み歩く亭主関白な東出さんの生活態度にも業を煮やしていた。元サヤなら、その辺りの生活態度も徹底的に“調教”されるだろう」と指摘する。

 すでに東出はビビっている。会見で具体的にしゃべったことといえば、自身の贖罪の気持ちのみ。臆測や杏の心証を問われる質問にはことごとく「お答えできない」で返した。

 ワイドショー関係者は「めちゃくちゃ杏さんに配慮していた。何度も考え込む場面があったが『失言してはならない』というプレッシャーだろう。189センチの長身だが、まるでおびえる小動物のように見えた」と話す。

 東出は現在も3人の子供とは会えずじまいだが「毎晩(杏が)ビデオ通話でつないでくれて話しています」と告白。この辺りは杏の優しさも垣間見えるが…。

 一部報道では、東出がアポなしで家族の住む自宅を訪れたところ、杏から門前払いを食らったという。

「東出さんはとにかく子供に会いたくて仕方がない。でも杏さんは『まだ早い!』とピシャリ。ある種の“じらしプレー”に近く、東出さんの会いたい気持ちは募る一方です」(前出芸能関係者)

 今回の騒動の影響で、CMなどが打ち切りになった東出には、数億円といわれる違約金がのしかかる。離婚を回避できたとしても、杏の収入を頼りにせざるを得ず、家庭内での立場が完全になくなるのは間違いない。

 映画関係者は「実は5月に公開される映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の続編製作が決まり、来年クランクインする。東出さんの出演も現状変更はない。俳優として輝きを取り戻すとすれば、早くても1年後だろう」と分析している。

 今後は杏の“ドS調教”に、“ドM”になって耐えるしかない東出だ。