大橋未歩アナ コロナ対策生活で“増量”告白「外に出られないのはつらい」

2020年03月18日 10時35分

大橋未歩のインスタグラム@o_solemiho815から

 

 フリーアナウンサーの大橋未歩(41)が17日、インスタグラムを更新。新型コロナウイルス感染拡大による自粛生活で“増量”したことを明かした。

 大橋アナは湖で足まで漬かった美しい逆光写真を掲載。「外で身体動かすのが大好きなのに 花粉症もあいまって、あまり出られないのがつらい太った気もするし笑 早く登山とかランニングしたいけど今は我慢我慢 シエラネバダ山脈を歩いた時の写真ばかり見返してます、、」とメッセージを添えた。

 大橋アナはアラフォーを迎えたころから“下っ腹の肉”が落ちないことを感じ始め、たびたび“むっちり”の悩みを口にしていた。一般的には十分細いが、画面に映る仕事だけに気になるのだろう。もともとアクティブ派のため、体を動かしたくてウズウズしているようだ。

 コメント欄には「あらら大橋さん動くの好きでしたね たまにはストレス発散されてくださいね」「イメージトレーニングで痩せた気になりましょ」「今の大橋さんも十分に綺麗ですよ」「太った『気がする』→あぶない、あぶない。ちゃんと体重計らないと、いつの間にか太ります。(実体験)」など、エールやアドバイスが寄せられた。