中山忍 娘役・谷花音の高校合格を報告「本当に良かった おめでとうございます」

2020年03月17日 16時27分

谷花音から送られた手紙(中山忍のインスタグラム@_shinobu_nakayama_から)

 人気子役がはや高校生に! 女優の中山忍(47)が17日、インスタグラムを更新。“娘”の谷花音(15)が、希望する高校に合格したことを明かした。

 中山は谷からもらった手紙を紹介。「娘はいいねぇ 昨年、ご縁があって母娘役をやらせてもらった谷花音ちゃんからお手紙と癒しのリラックスグッズが届きました。無事に希望の高校への進学が決まりました お芝居が好きで勉強も頑張っていた花音ちゃん 良かった 本当に良かった おめでとうございます」と、谷の高校合格を祝福した。

 2人は昨年の特番「FNS27時間テレビ」(フジテレビ系)内で放送された再現ドラマで共演。谷は卓球女子団体日本代表・平野美宇(19)に扮し、中山は母親役を演じた。

 谷は小林星蘭(15)とともに子役ユニット「すたーふらわー」として活動。また、子供番組「beポンキッキーズ」(BSフジ)では、鈴木福(15)とユニット「福と花音」を結成したこともある。芦田愛菜(15)と同世代で、子役ブームの中心的存在だった。

 また、中山は「刑事吉永誠一 涙の事件簿シリーズ」(テレビ東京系)で長らく親子役だった須藤菜々子(17)とのツーショット写真を掲載。「子供役を演じてくれた子はみんな可愛い みんなが健やかにのびのびとそして笑顔でいてくれますように」と“娘たち”の健やかな成長を願った。