YOSHIKI コロナ危機で積極的発信する使命感

2020年03月16日 17時00分

「X JAPAN」のYOSHIKI

 ロックバンド「X JAPAN」のYOSHIKIが、新型コロナウイルスについて積極的に発言して話題になっている。

 現在、米ロサンゼルスに滞在中とみられ、15日の自身のツイッターに「昨日のアメリカ大統領#国家非常事態宣言以来 パニック状態。LAでもトイレットペーパー等のほか、肉や野菜などの食料品も品切れでほぼ買えない状態。。友達やファンのみんなが心配。。」とつづった。

 YOSHIKIは11日にも、ニコニコ動画「YOSHIKI CHANNEL」で、ノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授と新型コロナについて緊急生対談したばかり。以前も、自粛ムードが広がる中、コンサートを強行しようとしたアーティストがいると「今このタイミングで、コンサートを行う行為、及び参加は、危険な行為だと思う」とのメッセージを発信した。

 音楽関係者は「YOSHIKIは、災害などの局面で人々に寄り添うのが自分の役割だという信念があるんです。今回も世界で感染が広がっているので、少しでも力になりたいと、黙っていられないのでしょう」と話している。