ナイナイ岡村が新境地“第2のいかりや”になる

2020年03月16日 17時00分

岡村隆史

 お笑いタレントの岡村隆史(49)が俳優業に新境地を見いだしている。

 15日放送のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」に出演。神出鬼没で敵か味方かわからないが、つねに明智光秀(長谷川博己)の危機を助ける農民「菊丸」を演じている。

「今回の放送で菊丸の正体が忍びだということが判明し、ネット上は盛り上がっています。お笑い芸人がドラマに出演する例はありがちですが、岡村の演技力は評価が高いです」と話すのはテレビ誌関係者だ。

 岡村といえば、映画「決算!忠臣蔵」で「第43回日本アカデミー賞」優秀助演男優賞に選ばれたばかり。残念ながら最優秀助演男優賞は逃したが、存在感が光った。

 同関係者は「岡村はお笑いと二足のわらじで俳優業を続けることでしょう。ゆくゆくは、いかりや長介さんのような名バイプレーヤーになるかもしれない」と話している。