香取慎吾が約4年ぶりに音楽番組登場 地上波でNHKだけが本格解禁のワケ

2020年03月14日 17時00分

NHKの「SONGS」に出演する香取慎吾

 地上波でもNHKは出演OK? 元SMAPで、現在は「新しい地図」の香取慎吾(43)が、4月4日に放送されるNHKの音楽番組「SONGS」(午後11時)に出演する。

 香取が地上波の音楽番組に出演するのは約4年ぶり。今年の元日には、ジャニーズ事務所退所後初のソロアルバム「20200101(ニワニワワイワイ)」をリリース。気志團やスチャダラパー、KREVAなどの大物アーティストとコラボし、話題となった。

 同番組ではSMAP解散後、ジャニーズを退所し、ゼロからスタートした2年半の日々で、香取が何を考え、何を感じ、何を伝えようとしたのか、ロングインタビューでその胸の内を明かす。

 香取といえば、SNSで170万人近くのフォロワーを抱える。そこに掲載された写真をきっかけに、再出発から今日までの日々、そして音楽やエンターテインメントに対する思いを赤裸々に語っている。

 久々となる地上波の音楽番組出演に香取は「SONGS初登場、うれしいです。もっと歌って踊りたくて作った曲を披露できる場を作ってくれて感謝しています。全力で楽しみました。絶対に見てほしいです!」とコメントを寄せた。

「SONGS」といえば、香取と同時期にアルバムをリリースしたことで注目された木村拓哉(47)が、2月29日の放送に出演。SMAPの名曲「夜空ノムコウ」を歌ったことも話題となった。

 ジャニーズ退所後、香取が地上波番組に出演できなかった理由の一つとして、「新しい地図」と対立するジャニーズに、テレビ局側が忖度していることが挙げられる。「でも木村の出演後、香取が『SONGS』に出演することで、『NHKは忖度しない』と、世間へのアピールになるのでは」(テレビ局関係者)

 NHKの朝ドラ「スカーレット」には稲垣吾郎(46)が出演している。NHKだけは「新しい地図」の出演を“本格解禁”したようだ。