トム・ハンクス夫妻コロナ感染に悲痛ツイート「セレブが亡くなったら人類終わり」

2020年03月13日 17時00分

トム・ハンクスと妻で女優のリタ・ウィルソン(ロイター)

 オスカー俳優トム・ハンクス(63)が、自ら新型コロナウイルスに感染したことを明かして、映画ファンのみならず世界中に衝撃を与えている。

 米国では、プロバスケットボール(NBA)で2年連続最優秀守備選手で先月のオールスター戦にも初出場したルディ・ゴベール(27=ユタ・ジャズ)も感染が判明。セレブも感染してしまう中でも衝撃的なのは、映画「フィラデルフィア」(1993年)「フォレスト・ガンプ/一期一会」(94年)で2年連続2度のアカデミー賞主演男優賞に輝き、日本でも人気の高い名優トム・ハンクスの感染だ。

 トムは12日、自身のツイッターで新型コロナに感染していることを明らかにした。自身は米国にはおらず、映画の撮影のために、妻で女優のリタ・ウィルソン(63)と一緒にオーストラリアに滞在中だった。だが、そこで倦怠感や関節痛など、風邪のような症状があったため検査を受けた。その結果、夫婦ともに陽性判断が出たという。

 オーストラリアでのロケは来年公開予定のエルビス・プレスリーの人生を描く「エルビス」のためで、トムは米俳優オースティン・バトラー演じるエルビスの敏腕マネジャーとして知られたトム・パーカー役を務める。今回感染が判明したことで、撮影が遅れることは避けられない事態となった。

 当地では当局の指示に従い、しばらくの間、隔離されるとしている。

 トムは2016年、イタリアを舞台にした映画「インフェルノ」で、人類を滅亡させる人工ウイルスの拡散を阻止する大学教授役を演じていた。映画ではウイルスを防いだのに、現実では感染してしまった。

 トムのツイッターなどには「勇気ある告白。早く治って」「最高の医療を受けられるセレブのトムが亡くなってしまうようなら、人類は終わりだ」「トムが病気を克服してくれれば、世界に希望を与える」など、多くのコメントが寄せられている。