のん「東北とつながっていたい」 NHK生出演で被災地への思い吐露

2020年03月11日 20時03分

のん

 女優・のん(26)が11日、NHK「ニュース7」に生出演し、東日本大震災の被災地への思いを語った。

 この日で東日本大震災から9年。ニュース7は1時間拡大版で、復興の現状や課題を特集した。代表作であるNHK連続テレビ小説「あまちゃん」(2013年)の舞台となった岩手・久慈を定期的に訪れており、支援活動を続けているというのんは「すごく(東北には)お世話になった。恩返ししたい、東北とつながっていたいという気持ちです」と話した。

「東北を応援したい」との思いから楽曲「この街は」を作詞・作曲し、自ら歌うのんは東京五輪の聖火リレーで、岩手県内を走るランナーに選ばれている。選ばれた当初は「すごい恥ずかしい気持ちがあった」というが、今では「でも、すごくうれしいし、しっかり走りたい。頑張ります」と意気込んだ。

 前日(10日)には「あさイチ」に出演して東北への思いを明かしたり、久慈の味を紹介。さらに12日放送のEテレ「素顔のギフテッド」では番組ナビゲーターを務めており、3日連続でNHK出演となる。