ものまねタレント・沙羅 「丸山桂里奈」出来栄えに「スゴすぎ」の声

2020年03月11日 15時59分

沙羅(左)と丸山桂里奈(インスタグラム@karinamaruyamaから)

 どっちがどっち!? 元サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」で2011年W杯優勝メンバーのタレント・丸山桂里奈(36)が10日、インスタグラムを更新。綾瀬はるか(34)のものまねタレント・沙羅(37)との“双子ツーショット”を披露した。

 丸山は「どっちがわたし?」との文章を添えて、沙羅と並んで写真に納まった。2人は同じホリプロ系列の所属。ハッシュタグには「最近自分でも自分がどちらかわかりません」「わたしがわたしなんですが」「沙羅ちゃんがわたし」「わたしが沙羅ちゃん」「脳みそが渋滞してます」と付けて笑いを誘った。

 2人は6日にも“激似ツーショット”を披露したが、沙羅がものまねメークをしておらず、どちらかといえば、やはり同じホリプロ所属のトップ女優である綾瀬寄りの表情だったため、激似度がイマイチと指摘する声もあった。だが、今回は沙羅が本気を出してまねをしており、確かにどっちがどっちかわからない。

 コメント欄は「スゴすぎ」「そっくりー」「にすぎです笑 双子かと思いました」「めちゃ似てる!笑」「どっちかわからない~」「双子説」と大ウケで、中には「右がホンモノだ!と思う」と自信なさげに指摘する声もあった。