キアヌ・リーブス落胆?新型コロナの影響で全米最大級の野外フェス延期へ

2020年03月11日 17時00分

キアヌ・リーブス

 ハリウッド俳優のキアヌ・リーブス(55)もガックリ!? 新型コロナウイルスの影響で、全米最大級の野外音楽フェス「コーチェラ・フェスティバル」(4月10~19日)が、延期になる可能性があると現地で報じられた。今年もロックバンド「レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン」やK―POPの「BIGBANG」など大物アーティストが出演する予定だったが…。

「『コーチェラ』はカリフォルニア州で毎年春に開催される、米国で最もプレミアムな野外フェスです。観客動員25万人、経済効果は417億円。過去には日本から『X JAPAN』や『Perfume』なども参加したことがあり、日本人ツアー客も多い。今年は高額チケットも用意され、即完売するほどの人気だった」とは音楽関係者。

 ところが、フェス会場から約40キロの場所にある医療センターで、新型コロナウイルスの感染者が確認されたという。同州では死者も出ており、全域に非常事態宣言が発令されたばかり。

 そのため同州の下院議員が「感染リスクが高い」として中止を呼びかけたのだ。現地の報道によれば、イベント関係者は「フェス出演予定のアーティストのフライトもキャンセルされ、影響は業界以外にも広まる」と指摘している。

 キアヌもガックリに違いない。というのも、主演映画「マトリックス4」(来年5月21日公開)の主題歌を「レイジ――」が担当するといわれているからだ。

「『レイジ――』は解散と再結成を繰り返してきたバンドですが、この映画の撮影に合わせて再結成ライブを敢行した。長期間のツアーも発表され、映画のPRになるとみられました。フェスだけではなくツアー自体、中止になるかもしれません」(前出の音楽関係者)

 米国のエンタメ界も大混乱に陥っている。