大つけ麺博が新型コロナの影響で中止「トッピング☆ガールズ」は16日にメンバー決定

2020年03月06日 17時32分

大つけ麺博の中止が決まった(公式ツイッター)

 4月3日から開催予定だった「大つけ麺博 presents美味しいラーメンと人気芸人とアイドルを小山に集めてみました祭」(栃木県小山市の小山御殿場広場)は6日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止すると公式ツイッターで発表した。

 実行委員会の井上淳矢氏は「5月に延期という想いもありましたが、それも現時点では判断が出来ない…秋に延期となると会場が開いていないという状況でした。出店するラーメン店舗様は、本気で挑んでいただいております。寸前まで判断を伸ばしてしまったり、曖昧なまま引っ張ってしまうと食材の準備や、スープの仕込みで多大な迷惑をかけてしまいます。最高に美味しいラーメンを安心して食べられる環境が整わない限りは、開催すべきではないという判断でございます」と経緯を説明。人気食フェスを開催し続けてきた井上氏は、参加者とラーメン店の安全を優先した上で判断。出演予定だった芸人・タレントにも謝罪し「次のタイミングで必ずリベンジします」とつづった。

 なお、同イベントを盛り上げる期間限定アイドルユニット「トッピング☆ガールズ」について、小山の会場でのライブはできなくなったが、参加タレントの事務所と協議し「小山でライブはできないが結成する」ことを決定。16日にユーチューブで最終オーディション(ダンス&MC審査)をライブ配信し、選抜メンバー7人が決まる。

 同オーディションには仮面女子、仮面女子候補生・研究生と別プロジェクトのスリジエ、スリジエ候補生らが参加。1、2次審査を通過した仮面女子のセンター・森下舞桜(16)、小島夕佳(23)、候補生の乙木伽奈(25)、スリジエのセンター・山本あこ(16)ら12人が最終審査に臨む。“新トピガ”は4月に新曲の公開を含めたお披露目ライブを開催。その後も不定期に活動を重ね、次回の小山御殿場広場での開催まで継続する。