中村蒼29歳バースデー「いつまでもエネルギーに溢れた状態で」

2020年03月05日 10時33分

中村蒼

 俳優の中村蒼(29)が4日、公式ブログを更新し、「本日3月4日。29歳になりました」と報告した。

 現在、NHK朝の連続テレビ小説「エール」(30日スタート)を撮影中で、主人公(窪田正孝=31)の幼なじみという重要な役どころを演じる。

 中村は「『エール』の現場でお祝いしてもらいました。本当にありがたいです しかも大好きなチョコケーキで」と、ケーキを手に照れくさそうな笑みを浮かべた写真を掲載した。

 2005年に第18回ジュノンボーイコンテストでグランプリを獲得し、芸能界デビュー。順調にキャリアを重ね、17年に6年の交際を実らせて一般女性と入籍した。今では2人の子宝に恵まれた良きパパだ。

 イケメン俳優にありがちなチャラチャラした部分がなく、仕事一本の真面目な性格だけに「とにかく健康にいつまでもエネルギーに溢れた状態で仕事が出来る様に頑張りますっ!」と、自らに気合を入れた。

「エール」は「栄冠は君に輝く~夏の全国高等学校野球選手権大会の歌~」「六甲おろし」(阪神タイガースの応援歌)「闘魂こめて」(読売ジャイアンツの応援歌)などスポーツシーンを彩る応援歌の数々、ラジオドラマ「君の名は」「鐘の鳴る丘」「長崎の鐘」「イヨマンテの夜」などのヒット歌謡曲を生み出した大作曲家・古関裕而氏と、妻で歌手だった金子氏の生き様を描く。