高杉一穂 オスカー辞めて“断髪”「天気は曇りでも心は晴れ」

2020年03月03日 16時24分

高杉一穂が髪を切って心機一転(インスタグラム@issuitakasugiから)

 人気ドラマ「相棒」「科捜研の女」(テレビ朝日系)に出演した俳優の高杉一穂(41)が先月末、インスタグラムに東京のおしゃれスポット・代官山のサロンで髪を切った写真を投稿した。

 高杉は「髪を切った後は徹底したコロコロをしないと後でチクチクするね」とのメッセージを掲載し「天気は曇りでも心は晴れ」とタグ付けした。

 先月28日のブログでは「さて私事ですが、2月いっぱいを持ちまして現在所属事務所オスカープロモーションとの契約が終了することをお知らせします」と、5年半在籍したオスカーを離れることを明かしている。

「自分自身も時代の流れに合わせ変化をしていこうと改元とともに改名する事から始め、活動の在り方や方向もずっと考えてきました。何かを始めること、変化していく分岐点に立ち、大きな時代の変化に身を任せ自分自身ももっとリニューアルしなければいけないと思っています。そこに今回の契約更新のタイミングがありました」と、決断に至った経緯を説明。

「何かに囚われることなく発信したい、吸収したい考えがあり、契約更新を見送る事のご理解を頂きました。その選択が正解か不正解かなんて分かりません。これまでの道のりに沢山の後悔や反省もありましたし、活動的になり自信がつく経験も多くしてきました。逃げるための変化もありましたが、今回は立ち向かっていく変化かな。これからは色んなジャンルのクリエイティブな人たちと流通して、新しいことを楽しく始めて行きたい」と決意を語った。

 今夏には舞台に主演する計画もある。髪を切って心機一転、再スタートを切ったニュー高杉に注目したい。