第5子誕生カジサック「ユーチューブ休止」で宮迫にチャンス到来

2020年03月03日 17時00分

キングコング・梶原雄太

 お笑い系ユーチューバーにはチャンスだ。

 カジサックことキングコングの梶原雄太(39)が、2日放送のABCラジオ「上沼恵美子のこころ晴天」で、妻の第5子出産を発表した。上沼から「5人目誕生おめでとうございます」と祝福された梶原は「めちゃくちゃ感動しました」とうれしそうに報告した。母子ともに健康で「今回はずっと一緒におれたので、横で見させていただきました」と振り返った。

 梶原といえば、2007年に長男、09年に長女、12年に次男、16年に次女が誕生している“お笑い界のビッグダディ”だ。テレビ関係者は「梶原は大の子供好き。TIMのレッド吉田が5人の子持ちなので、4人目誕生時に“レッド超えを目指す”と宣言していましたが、並びました。第6子も十分あり得ますよ」と話す。

 今回の第5子誕生に喜んでいるのは、梶原だけではない。他のお笑い系ユーチューバーも鼻息を荒くしているという。

「梶原は奥さんをサポートするため、しばらく動画アップを控えるそうなんですよ。ということは梶原のフォロワーが他のお笑い系動画に流れる可能性大。そこでインパクトを与えれば、自分のところに引き込めるかもしれませんね」(IT関係者)

 もちろん、ユーチューバーとして活動再開した宮迫博之にもチャンス到来だ。最近、動画再生回数が20万回前後と、当初の勢いがなくなったところだった。

「特にひどいのが21日にアップした『へそプリンが一向に流行る気配がないのでダブルスを考案してみた』です。ユーザーから『これ面白いと思ってやってんの?』『汚い気持ち悪い』と酷評の嵐。梶原が休んでいるときに、挽回できればいいんですが…」(同関係者)

 一部では、同じ闇営業問題で謹慎していた田村亮が、4月にも「ロンドンハーツ」(テレ朝系)で地上波に復帰することが報じられたばかり。宮迫も存在感を示すことができるか。