宮崎謙介&金子恵美 政府の新型コロナ対策を糾弾「初動の落ち度は間違いない」

2020年02月26日 18時15分

DVDリリース記念イベントに登場した宮崎謙介(左)、金子恵美

 元衆院議員のタレント・宮崎謙介(39)、金子恵美(41)夫妻が26日、都内で行われた韓国ドラマ「ダーリンは危機一髪!」DVD発売記念イベント(3月3日発売)に出席した。

 2人とも元国会議員だけに、新型コロナウイルスに対する一連の政府の対応には思うところがあるようだ。金子は「新型感染症対策の専門家があまり日本におらず、なかなか対応できないという事情はあったにせよ、初動の落ち度は間違いない」と厳しく指摘した。

 次いで「政府の方針が出たが、とにかく患者を重症化させない、医療機関をパンクさせない、国民をパニックにさせないために最大限の情報開示をすることが大事。出せる限りの情報を出して国民の不安を解消すること。今回のことは後にきちんと検証して生かさないといけない」と語った。

 また、宮崎は「今の状況は初動の態勢が後々まで尾を引いているのだと思う。五輪開催も危ぶまれており、早く収束してほしい」とコメントした。

 作品は人気韓流グループ「SUPER JUNIOR」のシウォン(33)が天才詐欺師に扮し、お互いに身分を知らぬまま、イ・ユヨン(30)演じる美人刑事と結婚するというラブコメディー。シウォンは国会議員に立候補し、口八丁手八丁で選挙戦を戦い抜く。