浅草ロック座・斎藤会長告別式 小向美奈子も最後の別れ

2020年02月26日 16時43分

参列した小向美奈子(中央)

 20日に肝細胞がんのため72歳で亡くなった東京・浅草のストリップ劇場「ロック座」の斎藤恒久会長の告別式が26日、上野の寛永寺輪王殿でしめやかに営まれた。

 斎藤会長はロック座を日本一の劇場にした故斎藤智恵子さんの長男。智恵子さんは勝新太郎さんやビートたけしら芸能界と交流があった。斎藤会長も北野武監督の映画「座頭市」でプロデューサーを務めた。

 告別式には小向美奈子(34)も参列した。小向は2009年に覚せい剤取締法違反で逮捕。その後、ストリッパーに転向し、浅草ロック座でデビューした。現在もロック座のステージに立ち続けており、故人との別れを惜しんだ。