石井薫子 センバツ応援イメージキャラクター就任に「全力で応援していきたい」

2020年02月20日 12時52分

イメージキャラクターを務める石井薫子

「第15回全日本国民的美少女コンテスト」で審査員特別賞を受賞した石井薫子(15)が第92回選抜高等学校野球大会(3月19日開幕)の「センバツ応援イメージキャラクター」に決まり、20日に都内で行われた記者会見に出席した。

 自身が登場する「センバツ応援ポスター」を見た石井は「実感が湧いた。改めて応援しようという気持ちになった」と感無量の面持ち。イメージキャラクターに選ばれたときは「素直に応援することが好きだからうれしかった」と振り返り「5歳の時からグループで表現するダンスを習っていた。野球はチームで戦うスポーツだから、私がやってきたダンスと共通する部分があると思う。全力で応援していきたい」と意気込んだ。

「野球ファンの祖父母と一度だけ球場に野球を見に行ったことがある」と野球にまつわるエピソードを披露した石井だが、イメージキャラクターに就任したことは、祖父母にはまだ報告していないという。

「この会見を通して、おじいちゃんとおばあちゃんも知ることになると思う。喜んでくれたらなと思っている」と笑顔を見せた。

 イメージキャラクターは石井が8代目。2013年から吉本実憂、小芝風花、小澤奈々花、井頭愛海、岡田結実、玉田志織、井本彩花と、その年の高校生が務めている。