東出にも新型コロナ問題 「密集イベント自粛」免罪符で謝罪会見を書面で済ませる?

2020年02月21日 11時00分

東出は区切りの会見を開くのか

 女優の杏(33)の夫で不倫騒動で渦中の俳優・東出昌大(32)が、謝罪会見を開きたくても開けない状況に陥りそうだ。20日発売の「週刊文春」では不倫報道後、初めて取材に答えているが、正式な記者会見はまだ。一部では主演ドラマの撮影が終わる今月末か、来月初旬にも開かれるといわれていたが、ここにきて雲行きが怪しくなってきた。会見をすれば、たくさんのカメラの前で“公開処刑状態”になるのは確実。ところが、新型コロナウイルスの影響で、生き地獄を免れそうなムードになっている――。

 若手女優・唐田えりか(22)とおよそ3年に及ぶ不倫関係が発覚した東出は、世間からも芸能界からも集中砲火を食らっている。そんな東出がついに重い口を開いた。

 文春の直撃取材に「本当に申し訳ないことをしてしまった」と謝罪。仕事面では「すべてを失いました」と途方に暮れた様子だった。

 他方で夫婦の今後や唐田についての質問には、回答を控えた。杏とは今後の婚姻関係について話し合うつもりのようで、その前に自分がフライングで話すことはできないという心構えがうかがえる。

 杏は18日に出演したイベントで「今後については、ゆっくり考えさせていただきたいです。小さな子供もいるので、どうかそっとしておいて下さい」と話している。

 ここまで大ごとになった以上、東出に対して記者会見を要望する声は、日ごとに強まっている。

 19日放送のフジテレビ系「バイキング」では、コラムニストの山田美保子氏が、東出の会見について「今月末ごろ」とズバリ予測。現在放送中の主演ドラマ「ケイジとケンジ」(テレビ朝日系)のクランクアップが月末、もしくは来月頭であることから、そのタイミングで何らかの動きがあるとみているが…。

 それを阻みそうなのが、国内外で猛威を振るう新型コロナウイルスだ。

 来月1日の東京マラソンは一般ランナーの参加を取りやめ、女子プロレス「スターダム」が6大会とファンイベントの中止を決めたことは本紙既報通り。各地でも規模の大小にかかわらず、人が密集するイベントは開催を自粛する傾向にある。

「日本のどこで何人感染しているか?」という正確な数字がわからない以上、医療関係者は「予防策として催し物の中止はやむを得ない」と話す。

 サラリーマンの世界でも在宅ワークを奨励する会社や、社員同士の飲み会までも禁止する企業が増えている。

 東出が会見を行うとなれば、会場には数百人の記者らが殺到することは確実。すし詰め状態が予想され、万が一、新型コロナの感染者がいたら拡散は避けられない。

「しかも、マスコミ関係者は全国各地を飛び回るので、無症状の感染者がウイルス拡大を助長する可能性がある」(同)

 東出にとって会見は“公開処刑”のようなもので、死ぬほどつらい時間だが、一方で騒動に一つの区切りをつけることになるのも間違いない。一日も早く地獄のような生活から抜け出したいのならば、それができないのはつらいところだ。

 とはいえ、東出の所属事務所は、当初から会見に難色を示してきた。そうなると、いまの状況下は“渡りに船”と言えなくもない。

「杏さんとの話し合いで復縁か離婚が決まる。メディアはそのタイミングで会見を要望しているが、事務所サイドはペライチ(書面コメント1枚)で済ませたい。新型コロナを免罪符に使えば、マスコミは引き下がるしかない」(ワイドショー関係者)

 果たして東出は、事務所の思惑をはねのけて区切りの会見を開くのか――。