ガンバレルーヤよしこ 相性いい“元カレ”とは?

2020年02月18日 17時00分

パチンコにハマっているというガンバレルーヤのよしこ(左)とまひる

“お笑い第7世代”の一角である女性お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」(よしこ=29、まひる=26)が17日、都内で行われたダイナムの「ぱちんこ 新・必殺仕置人 TURBO GORAKU Version」(3月2日導入)の発表会に登場した。

 パチンコ初心者だった2人は、全国のホールを自転車で巡って打つネット番組「ガンバレルーヤのぱちチャレルーヤ!!」(配信中)の収録を通し、最近はパチンコにハマっている。

 まひるは「『仕置人』は番組で打たせていただく。“体”の相性はいい」、よしこも「相性はいい」とそろって好みのタイプと語ってニンマリ。ちょっぴりエッチなこの表現はリップサービスではなく、普段から遊技台を“男性”に見立て、打つことを「抱く」と例えているという。

 特に、女優・小雪のモノマネを得意としているよしこの打ち方について知人は「負けが込んだ時、前に“抱いた元カレ”(前に打った台)の中で相性が良かった台に戻って打って、自信を回復しているそうだ」と話す。

 実生活でよしこは2018年11月、同じ“お笑い第7世代”の漫才コンビ「ミキ」亜生(31)との熱愛が一部週刊誌に報じられた(双方否定)。それ以降、交際報道は出ていないが、ホールではひそかに“元カレ”と“ワンナイトラブ”をして、慰めてもらっているようだ。

 よしこはこの日の発表会で「私は年下の男性が好き。下は19(歳)から」と“守備範囲”の広さをアピールしていたが、パチンコのようにうまくいくか注目だ。