宇垣美里“セクシー写真集”に田中みな実の壁 TBS時代から「水着は一生ない」

2020年02月16日 11時00分

宇垣は芸能界でどんな存在感を示すのか

 坂道グループらアイドル写真集がバカ売れしている昨今、元TBS・田中みな実(33)の1st写真集「Sincerely yours…」が60万部を超える大ヒットとなった。“女子アナ写真集”が新たなトレンドになりつつある中で、次に期待されるのは元TBSの宇垣美里(28)だ。セクシーさでは田中を上回るだけに、写真集オファーも殺到しているが、“田中のせい”で一向に進まないという。どういうことか――。

 本紙が“乳首露出疑惑”を報じるなど、セクシーカットが大きな話題となった田中の1st写真集は、発売3日後には再度の重版がかかり、発売1か月で50万部を突破しついに60万部を超えた。

 さらにフジテレビの宮司愛海アナウンサー(28)が、1月29日に発売した1stフォトブック「まっすぐ」も、発売4日で重版が決定するなど売れ行き好調だ。

 大手出版社の編集者は「ここ数年、写真集をけん引してきたのは乃木坂46ら人気アイドルたち。ただ、卒業を迎えるなどで写真集ブームは落ち着いてきた。出版界は新たなムーブメントを模索しており、女子アナに狙いを定めている」と明かす。

 そんな中で最も熱視線を送られている人物といえば、昨年3月いっぱいでTBSを退社し、フリーとなった宇垣だ。

 宇垣はすでに昨年4月に1stフォトエッセー「風をたべる」を発売。1万部にも届かなかったというが、田中のようなセクシーさは皆無のナチュラルな内容だったため仕方ない面もあるとか。

 推定Fカップ乳を持つ宇垣は男ウケするプロポーションを持ち、セクシーさなら田中を凌駕する。過激ショット満載の写真集を出せば「必ず売れる!」と確信する編集者も多く、熱心にオファーを出しているという。

 それでも宇垣は水着ショットを含めたセクシー写真集に後ろ向きだ。

「TBS在籍時から水着になることを『一生ない』と公言。1stフォトエッセーでも、出版社サイドは売れ行きも考えてセクシーなショットへの挑戦も提案したそうですが、答えはノー。ずっと豊満なバストなどをネット上でイジられてきたこともあり、抵抗があるようです」(前同)

 そんな宇垣をさらに後ろ向きにさせてしまったのが、TBS時代、フリー転身ともに先輩にあたる田中の存在だ。

「田中の写真集を引き合いに出して、周囲からは『(田中より)セクシーなんだから絶対に売れる!』などと勧められていますが、それが逆に意固地にさせてしまっているようです。熱烈なオファーも“田中みな実さんが売れたからでしょ”と思ってしまうようで…」とは前出の出版関係者。

 宇垣は、田中と同じTBS出身のフリーアナで“共演NG”報道などこれまで何かと比較されてきた。

「もしセクシー写真集を出せば、ネット上では“二番煎じ”とやゆされるのは確実です。部数で負ければ“田中みな実に負けた”という印象が付いてしまうでしょう。正直、こうしたブームは最初に話題になった方が断然有利ですからね」(前同)

 そんな宇垣は14日、都内で行われた映画「スキャンダル」(21日公開)のイベントに出席。TBS時代の先輩で、フリーアナウンサーとして活躍する枡田絵理奈を恩師に挙げた。

 宇垣は「憧れていて入社した時から優しくしていただいた。教えていただいたことは『アナウンサーは100準備しても1伝わるかどうか。でも、100準備できるかが本当に伝えたいことを伝えられるかどうかの分かれ目になる』ということ」と笑顔。同じく同局の先輩でフリーアナの田中への言及はなかった。

 宇垣の極上ボディーが日の目を見る日が来ることを期待したい。