爆笑問題がノムさん秘話公開 サッチーに怒られた太田を優しく…

2020年02月12日 17時00分

爆笑問題の田中裕二(左)と太田光

 お笑いコンビ「爆笑問題」(太田光=54、田中裕二=55)が12日未明放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)で野村克也さんとの思い出を語った。

 野村さんと爆笑問題はテレビ番組などで何度も共演。田中は野村さんとスポーツ情報番組「S☆1」(TBS系)でタッグを組んでいた。田中が急病のため、番組を休んだ際は太田が緊急登板。はちゃめちゃに引っかきまわし、野村さんから「太田君、君とは相性が合わない。オレは番組を降りる」と、野村さんに“毒ガス”を食らったことも語り草となっている。

 田中が「カネやんの追悼の会でお会いして、早く亡くなるようなイメージなかったのにね」と話すと、太田も「ついこの間、番組収録で一緒になったばかりだったのに。出会わせてもらったというか、子供のころからね、見てた人だし、会えたんだなと」と振り返った。

「S☆1」での思い出についての話題になると「ノムさんが一回、倒れて、(当時、存命だった)サッチーが『この人、やばかったのよ』なんて言ってて。そのサッチーが先に亡くなったんだけど。現場で野球の話になると、全然、顔が違うんだよ。キャッチャーミットの(構え方の)角度とか本当に細かいことを言っていた。本当に100歳ぐらいまで生きられると思ってた」と田中はしのんだ。

 太田も「最初にノムさんに会ったのは、『サンジャポ』より前の時だったかな。サッチーにも『ダメよ、太田、バカなことばっかりやって!』と怒られてても、ノムさんが『こいつはこれでいいんや』とフォローしてくれた」。「S☆1」で怒られたことも懐かしそうに振り返り、その後、共演でおとなしくしていると「なんだ、太田、今日はおとなしいな」と突っ込まれ「その時、後悔したね。ノムさんはガンガンいったほうが良かったんだ」と故人との思い出を明かした。