新田真剣佑 主演舞台に自信「必死で皆で仕上げた」

2020年02月10日 16時41分

新田真剣佑(左)を抱きしめる笹本玲奈

 俳優の岸谷五朗(55)、寺脇康文(57)による演劇ユニット「地球ゴージャス」の25周年祝祭公演「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」の稽古場会見が10日、都内で行われ、新田真剣佑(23)、女優の森公美子(60)らが出席した。

 舞台は、2009年に地球ゴージャスの10作目として上演。岸谷が作・演出を手掛けた。稽古開始前、写真撮影に応じたキャスト陣は、岸谷のかけ声で息の合ったポーズを決めた。

 岸谷は「お忙しいところ、ありがとうございます。演技を盛り上げてもらいたいです。よろしくお願いいたします」とあいさつ。さらに「稽古をしており、完成度の高いダンスをお届けできると思う。マッケン(=新田)は忙しくて『稽古場に行きたい!』と言っていたそうです」と笑わせた。

 主役の記憶をなくした青年・シャチを演じる新田は「少ない稽古時間の中、必死で皆で仕上げた。ぜひ楽しんでもらえたら。多くの方に見てもらえたら」。この日の公開稽古では、盾などを使い稽古に励んだ。

 また、大勢の報道陣を前に森は「すごいね、誰か不倫してんじゃないの?」と冗談を飛ばし、笑いを誘った。