土屋炎伽「3人で共演したいな」妹・太鳳&弟・神葉と仲良しアピール

2020年02月10日 16時30分

土屋炎伽(右)と土屋神葉

「2019ミス・ジャパン」グランプリの土屋炎伽(ほのか=27)、声優の土屋神葉(しんば=23)が10日、都内で行われた「auじぶん銀行」行名変更記者説明会(auフィナンシャルグループ主催)に出席した。2人は女優・土屋太鳳(25)のきょうだいで、この日が公の場での初共演となった。

 3人は芸能界屈指の顔面偏差値を誇る仲良しきょうだいとして知られ、性格的には努力家という共通点もある。炎伽は明大卒業後に大手企業・富士通に就職。アメフト部でチアリーディングチームに所属していた。現在も一般企業に勤めながら、ミス・ジャパンの活動をこなし、テレビ出演もしている。

 太鳳は女優と大学生活(休学中)を続け、神葉は昨年、大学を卒業して音楽学校に入学。声優と並行して音楽の勉強をしている。きょうだい揃って何足もわらじを履いている状況だ。

 神葉は「姉はクイズ番組に出場する機会が増えて、最近よく中学や高校の教科書を見直している。気づくとまた教科書見ているよ、という感じ。大学受験の時もいつ寝ているんだろうというくらい集中して勉強するストイックさがあった。姉2人は僕には絶対できないくらいの追い込みをする。尊敬している」と話す。

 炎伽も「忘れてしまった知識を呼び起こすため、また一から頑張っている。今年からは英語の勉強を再開した。大学までは親に学費を払ってもらっており、勉強に自分でお金出すことは初めて」と明かした。全員が真面目な努力家で、これは土屋家の家風のようだ。

 そんな3人は現在、全員が独り暮らしをしているが、3日の太鳳の誕生日を一緒に祝うなど仲がいい。炎伽は「土屋家LINEで真面目なことからくだらないことまでやりとりしている。今度3人で共演したいな」と漏らした。

 炎伽はチアの活動のために日頃からトレーニングをしており、太鳳の運動神経の良さは芸能界でも有名。高校生のころからアクションの修業を重ねてきた神葉は「姉たちはすごく体が動く。今年は3人でアクションの仕事がしたい」と夢を膨らませた。