ミタパン“愛の巣”探しでわかった結婚ロード

2020年02月11日 11時00分

幸せいっぱいの三田友梨佳アナ

 フジテレビの“夜の顔”である三田友梨佳アナウンサー(32)の入籍に至る道のりが見えてきた。昨年夏ごろから外資系企業のエリート会社員と交際を開始。直後から結婚を見据えていたようで、交際をスタートして2~3か月後には、東京・渋谷の“億ション”を探していたとか。この付近は超高級住宅街で、近くにはあの超人気俳優・福山雅治、吹石一恵夫妻が、かつて住んでいたこともあるという。

 入社10年目で、現在は夜の報道番組「Live News α」の月~木曜キャスターを務めている三田アナは先月、入籍を発表。お相手は年上の30代エリート会社員という。

 プロ野球・西武の金子侑司外野手(29)と2017年に破局後、熱愛報道はなかったが、結婚相手とはひっそり“隠密愛”を育んできたようだ。夫となった男性とは昨年夏から交際を開始。三田アナは、先月23日放送の「直撃LIVE グッディ!」で、出会いについて「姉夫婦の紹介」と説明している。
 父が東京・日本橋の劇場「明治座」、さらに日本橋の老舗料亭「玄冶店 濱田屋」を経営する裕福な一家で育った“お嬢さまアナ”として知られる。実姉のお墨付きを得た男性を手堅く生涯の伴侶に選んだわけだ。

 三田アナは昨夏の交際開始直後から、すでに結婚を見据えていたとみられている。というのも、交際開始から2~3か月後の昨秋には、都内で新居を探していたというのだ。

「三田アナは、超イケメンの彼(現夫)を伴って物件探しをしたみたい。かたわらには三田アナのお父さんの姿もあったらしい。金子選手との交際はお父さんから反対されたけど、新しい彼氏との物件探しにまで付き合っていたとすれば、昨秋の時点でお父さんから結婚を認められていたということでしょう」(知人)

 内見してまわったエリアの一つが、芸能人が多く住む東京・渋谷の超高級住宅地。その中でも気に入った物件が“億ション”。

「実はこの高級マンションと目と鼻の先に、福山雅治さん夫妻がかつて住んでいた。それくらいの高級住宅地なんです」(同)

 地元不動産関係者によれば、この一帯の“億ション”の購入価格は「4億円前後」の高値が付く。お嬢さま育ちの三田アナとはいえ、資産家の父から新居購入の贈与を受けたとしても、こんな高級マンションに手が届くかは微妙。そのせいか、この高級マンション購入は、最終的には断念したという。

 ただ交際直後から、父と一緒に“愛の巣”となる高級マンションを探していたとなると、早くから結婚を視野に入れていたのは間違いない。

 三田アナは1月26日放送の「Mr.サンデー」で、物議を醸している俳優東出昌大(32)と新進女優唐田えりか(22)の不倫について「あまりにもひどいなと思った」と痛烈に批判。不貞には厳しい姿勢を見せた。

 一方、同日の「ワイドナショー」では「ダウンタウン」松本人志(56)から夫について「不倫しそうな感じの方では…」と振られ、「絶対ないです!」とキッパリ。いまはラブラブの新婚生活を送っているに違いない!?