香取慎吾 青学大に最大級アート設置「みんなの愛や助けで生きていることを表現」

2020年02月06日 15時40分

除幕式に登場した香取

 タレントの香取慎吾(43)が6日、東京・渋谷区の青山学院大学で行われたアートプロジェクト「壁画『Be the Difference』」除幕式に登場した。

 香取が青学大の学生たちの依頼に応え、高さ約2・5メートル×横幅約11・5メートルの壁画(ステンレス)アートを制作した。これまで多くのアートを制作している香取の作品の中でも最大級だという。

 香取は「壁画のテーマである『人間のそれぞれの違いをまるっとハグしたい』というテーマの、あまりの大きさにうろたえました」と語る。

 壁画の中心には大きなハートが描かれている。「ハートの真ん中は壊れています。傷ついたハートは自分だけで立ち直れない。みんなの愛や助けで生きていることを表現したかった」と意図を明かした。壁画制作のために、クリスマスも作業場である倉庫に閉じこもりっきり。正月の箱根駅伝は「ひそかに青学を応援していました」と笑った。

 今回初めて、東京に香取の壁画が飾られることになり、香取は「東京の街が好きで、自分の作品が飾られることになってうれしい。この壁画を見に来る方を、僕が見に来ると思います」と喜びを表した。