アンジェラ芽衣は新リアル峰不二子 小倉優香に続く新星と業界で話題

2020年02月06日 17時00分

「富山のさかな応援ガール」のアンジェラ芽衣

 往年の人気漫画「ルパン三世」の紅一点、峰不二子(B99・9、W55・5、H88・8)は、世代を超えて男性の憧れの存在だ。それに勝るとも劣らないパーフェクトボディーの持ち主、Gカップグラドルで女優の小倉優香(21=B87・W59・H89)は“リアル峰不二子”と呼ばれている。新たにこの名誉ある称号を襲名するポテンシャルを持った新星が現れた。“新リアル峰不二子”として急浮上しているのは、10頭身モデルでタレントのアンジェラ芽衣(22)だ。B92・W58・H90の肉感ボディーの持ち主で「業界では、アンジェラを“新リアル峰不二子”とプッシュする人が増えている」(グラビア誌関係者)。

 アンジェラは一時、体重が増えた時期があったが、個人トレーナーをつけたシェイプアップと徹底管理された食生活で現在のプロポーションを手にした努力家。日々の鍛錬で肉体に、より磨きがかかっている。

 アンジェラは5日、都内で「『富山のさかな』おもてなしフェア」にゲストとして登場。埼玉出身だが、2018年7月に富山を訪れたことがきっかけで、同年10月から「富山のさかな 応援ガール」に就任している。

 この日も富山への愛を熱弁。特に同県産の紅ズワイガニ「高志(こし)の紅ガニ」は大好物で、ネットショッピングで紅ガニのかぶりものを購入したほどだ。「“カニでいる時”のほうが落ち着く」と一体化に満足げな笑みを浮かべた。

 まだまだ知名度では小倉が上。アンジェラが勢いに乗ってブレークすれば“リアル峰不二子”の座を巡るバトルも起こりそうで、ルパンも「ア~ンジェラちゃ~ん」と鼻の下を伸ばすに違いない!?