鉄道好き芸人・吉川正洋“鉄旅”グランプリ作品称賛「まさに逆転の発想」

2020年02月05日 18時02分

敬礼ポーズの吉川正洋(前列左)と鉄道好きフリーアナ・久野知美(前列右から2人目)

 鉄道旅の祭典「鉄旅オブザイヤー2019」授賞式が5日、埼玉県さいたま市の鉄道博物館で開催された。

 同アワードは2018年11月から19年10月にかけて、実際に販売し催行された「鉄旅」の中から、特に企画性やオリジナリティーの高い、優れた「作品(=企画)」を表彰するもの。審査項目は「企画性」「オリジナリティー」「鉄道力」「コストパフォーマンス」「非鉄誘引力(非鉄道ファンにとっての旅自体の魅力度)」「ベストセールス」の6つ。二次審査を通過した5作品がグランプリを争い、頂点には「超低速スノータートル『ナインタートル ~夜のトンネル探検~』」(北越急行株式会社)が輝いた。

 同企画は北越急行ほくほく線で、列車の営業運転が終了した深夜に、普段なら入ることのできないトンネル内の線路、約2・2キロメートル(美佐島駅~しんざ駅)を歩いて探検するもの。レアな深夜のトンネル探検に加え、特製ヘルメットなどのグッズのユニークさも評価された。

 司会を務めた鉄道好きフリーアナウンサーの久野知美(37)は「大手旅行会社が多い中、(第三セクター会社の受賞に)我々も応援したいと思います」。鉄道好き芸人の「ダーリンハニー」吉川正洋(42)は「まさに逆転の発想ですね」と称賛。最後には鉄道好き芸能マネジャー・南田裕介氏による鉄道ネタも披露され、大盛況で幕を閉じた。

◇二次審査通過作品

・「サロンカーなにわ」で復活 「サロンカー明星」で行く熊本(株式会社日本旅行)※DC賞受賞

・超低速スノータートル「ナインタートル ~夜のトンネル探検~」(北越急行株式会社)※グランプリ受賞

・貸切車両で行く「三陸鉄道前線乗車」と貨物専用鉄道「岩手開発鉄道」に迫る旅(株式会社朝日旅行)※ルーキー賞受賞

・願いが叶う福袋列車!? 只見線&陸羽西線 東北2大ローカル線「災害復旧祈念応援福袋列車」(株式会社読売旅行)※審査員特別賞受賞

・日本で唯一の行商専用列車 近鉄「鮮魚列車」(クラブツーリズム株式会社)※準グランプリ受賞

 また、一般旅行ファンから募集した「夢の鉄道旅行企画」の表彰も行われ、ベストアマチュア賞には「上毛かるたから学ぶ『まだ知らない群馬の歴史』と鉄分満喫ツアー」を企画した前芝雄太さんが受賞した。