安藤和津 ピエール瀧の逮捕1年未満の復帰に「あと1か月、どうして待てなかったのか」

2020年02月05日 16時18分

ピエール瀧

 5日放送のフジテレビ系「バイキング」は、昨年6月にコカインを摂取した麻薬取締法違反の罪で有罪判決(懲役1年6月、執行猶予3年)を受けたミュージシャンで俳優のピエール瀧(52)が俳優業を再開させることを特集。“早すぎる”復帰に賛否の声があると伝えた。

 コメントを求められた女優の安藤和津(71)は、瀧が昨年3月に逮捕されたことに触れ、「一般的な常識から考えたら早いかな。あと1か月、どうして待てなかったのか」と首をかしげた。ただ「ピエール瀧さんじゃなければ、この役ダメっていうのがあると思う。製作側にすれば、どうしても欲しい役者さんだったんでしょうね。うらやましい」と話した。

 安藤は瀧が裁判で「役者など仕事のストレスで薬物に手を出した」と証言したことを持ちだし、原因となった役者として復帰することに「そこは乗り越えてやっていただくしかない」。復帰に理解を示しながらも「こうやって騒がれるってことは、(復帰が)早かったんでしょうね」と指摘した。

 タレントの松嶋尚美(48)は「いいと思います。警察署を出るときもきっちり、謝っていた」と早期復帰を容認。「製作側から来てよ(出演)って言ってもらっているから、何の問題もないと思う。仕事をやっている方が周りの目もあるし、そんなん(薬物)を考える時間が減る」と説明した。