献血ポスターで炎上した「宇崎ちゃんは遊びたい!」テレビアニメ化

2020年02月04日 10時01分

 WEBサービス「ドラドラしゃーぷ#」で連載中の漫画「宇崎ちゃんは遊びたい!」(原作・丈氏)がテレビアニメ化され7月から放送されることが3日、発表された。公式サイトでは主要キャストも発表され、宇崎花役を大空直美(31)、桜井真一役を赤羽根健治(35)、亜細亜実役を竹達彩奈(30)ら人気声優が担当。監督は三浦和也氏。

「宇崎ちゃんは遊びたい!」はウザいけどかわいい後輩・宇崎ちゃんと先輩・桜井のドタバタラブコメディー。「ニコニコ漫画」の年間ランキング公式マンガ部門で2年連続1位を獲得した人気漫画だ。一般に知られるようになったのは、昨年10月の献血PRキャンペーンだ。日本赤十字社とコラボしたポスターが「環境型セクハラではないか」と問題視されたことから、ネットで議論に発展。献血キャンペーン第2弾が不安視されたが、1日から当初の予定通り東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城の献血ルーム約40カ所で実施する(29日まで)。

 なお、宇崎花役の大空は4日が誕生日。テレビアニメ化と合わせ多くの祝福のコメントが寄せられている。