激写・UFOが新型肺炎を予告!?年明け東京・町田に飛来した目的は

2020年02月01日 17時00分

スマホで撮影された“コロナUFO”(庄司哲郎提供)

 新型コロナウイルスの“日本上陸”を予告したのか!? 1月4日午後11時ごろ、東京都町田市上空で、UFOとしか思えない怪しげな飛行物体が目撃、撮影された。UFOはこれまでも、人類史に残る大きな出来事があるたびに、その姿を現し、天変地異などを“予言”するとされているが、町田の夜空に突如現れたUFOの目的は――。

 世界保健機関(WHO)は30日(日本時間31日)、世界で感染が急拡大している新型コロナウイルスによる肺炎を暫定的に「2019年新型コロナウイルス急性呼吸器病」と名付けたと発表した。正式名称は後日、決定されるという。WHOは同日、緊急事態宣言を出し、早期終息を目指し各国に取り組みを促した。

 中国湖北省は1日、新型コロナウイルスの感染者が1347人増加したことを発表。中国国内の感染者数は1万1000人を突破した。死者は45人増加の258人となった。

 日本で武漢からのチャーター機第3便が31日午前に到着。帰国した人のうち25人が入院した。日本国内で見つかった新型肺炎の患者は13人。無症状を含め感染者は17人となった。

 事態が深刻化していく中、新型コロナウイルスに関係するかもしれないUFOを撮影したのは、画家で俳優、さらにはUFOコンタクティーとして活動する庄司哲郎(53)だ。かつて同じ事務所所属で、フジテレビ系「とくダネ!」のメインMC・小倉智昭から絵の才能を買われたことで知られる。近年は、UFOと交信して召喚するコンタクティーとして活動。幾度となく撮影にも成功している。

 今回、目撃し撮影に成功したのは年明け早々の1月4日夜だ。車を運転していた庄司は突然、目の前が暗くなり、意識が遠のきそうになった。自宅近くの駐車場で慌てて車を降りると、上空で怪しげに浮遊している物体を発見。体調が急変した原因は「このUFOだったか…」と直感した。

「そのUFOは少しずつ自分に迫ってきた。最初は四角い形状をしていたが、やがて丸くなり、丸は3つに増えた。その後、王冠形に姿を変え、しまいにはミスタードーナツのポン・デ・リング状になった。UFOの窓も見えた」と話す。

 ボタンを連射しまくってかろうじてとらえた姿が、掲載した写真だ。

 翌5日にスマホの発信ができなくなる。ただ、着信は受けられた。キャリアであるauに確認しても「原因が分かりません」と不思議がられた。

「こんなこと、30年間、ケータイを使っていて初めてだった」

 他にも異変が発生した。「カーナビの画面が突如フリーズした。スマホアプリで自分の位置情報を確認すると、都内から町田へわずか4分で移動している記録があった。車で1時間弱はかかる距離なのに…」

 これらはすべて“電波障害”が起きたかのようだった。体調も崩した。

「たんが絡むせきが止まらない。頭から足の指先までがバキバキに痛む。熱は37・5度。6日に病院で診察を受けたが、インフルエンザ検査で陰性だった。原因不明だったから薬は処方されなかった」

 安静にしていると次第に回復した。

 ただ、今回の飛行体は「敵なのか、味方なのか分からない」と首をかしげる。襲来の背景をめぐり、仮説を2つ立てた。

 1つは、東京五輪の開催前後に、自然災害などが突発的に起きるアクシデントを伝えに来た説。

「五輪に対してどうしても、いい“絵”が見えない。後味の悪い大会になるように感じて。その予言かもしれない」

 もう1つが、新型コロナウイルスの“日本上陸”説だ。

 昨年末から中国では原因不明の肺炎が指摘されるようになり、庄司が飛行体の撮影に成功して3日後の1月7日、原因が新型コロナウイルスと特定された。

「UFOは、新型コロナウイルスが日本でも広がることを予告しにきたのかもしれない」

 庄司が陥った体調不良の症状も、新型肺炎の症状と似ている。“お告げ”が的中しなければいいが…。