不倫したのになぜか許された…羨ましい?千鳥・大悟のキャラ得

2020年01月31日 17時00分

PRイベントに出席した千鳥の大悟(左)とノブ

 お笑いコンビ・千鳥の大悟(39)には、不思議な現象が起こる。不倫してもあまりとがめられないのだ。

 相方のノブ(40)と30日、都内で無料動画配信サービス「GYAO!」の番組「千鳥のロコスタ シーズン3」(2月6日から配信開始、毎週木曜更新)のPRイベントに出席した。

 この日は別番組の収録と聞かされて集合させられたという2人。ノブは「いきなり拉致されてここに連れてこられた。これ、ドッキリ!? ホンマの記者さんたちですか?」とけげんそうな表情を浮かべれば、大悟も「そもそもシーズン2っていつやったん?」と、不思議そうだった。

 イベント後にもノブは「会見、マジで知らなかったんですよ」、大悟も「まだ寝てるはずだったのに…」と目を充血させて、お疲れモードだ。

 それもそのはず、今や吉本興業の中堅芸人の中でも千鳥は一番人気の売れっ子だからだ。それだけに不倫をする間もない、と思いきや…。

 大悟は「撮ろうと思えばすぐ撮れるのに、僕にはマークがついてないみたい」と言い放つ始末。

 大悟といえば、2016年末と17年4月に不倫を報じられた過去がある。そのころ、16年1月に発覚したベッキーと川谷絵音の“ゲス不倫”が世間を騒がせていたが、実は大悟はほとんど無傷で、テレビに出続けている。

 あるテレビ関係者がこう明かす。

「ひとえに千鳥の人気と大悟の人柄によるところが大きい。もちろん、お笑い芸人というのを割り引いて考える必要がありますが、そういうキャラとしか言えない。18年末に放送された、あるテレビ番組で自ら不倫を明かしてもダメージゼロだったぐらいです」

 不倫が発覚し、芸能活動が大ピンチに陥っている東出昌大と唐田えりかは、大悟になりたい!?