唐田えりか 東出との不倫でドラマの超大役逃した

2020年01月29日 11時06分

不倫で大きなチャンスを逃した唐田えりか

 妻で人気女優の杏(33)と3人の子供を裏切り、若い女を口説きまくっていたことがバレて、次々とCMの降板が決まるなど“芸能人生の崖っ縁”に追い込まれている俳優・東出昌大(31)。だが、奈落の底に落ちたのは東出だけじゃない。3年越しの不倫相手、唐田えりか(22)も、人気女優へステップアップする絶好の大チャンスを逃したことが判明した。出演が決まっていた4月期の日本テレビ系新ドラマ「ミッドナイト・ランナー」が流れたのだ。しかもこのドラマは、ヒット間違いなしといわれる“特別な作品”だった――。

 唐田は、東出との不倫スキャンダルの影響により、現在出演しているTBS系のドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(金曜午後10時)にもこの先、出られなくなってしまった。

「つまり出演の自粛。おそらく脚本も急きょ書き直しとなり、唐田の出番は消去され、ドラマの中でも“いなかったこと”扱いになるでしょう」とはテレビ関係者。

 連ドラを支えている視聴者は圧倒的に主婦層。そこに不倫が発覚したばかりの女優を起用しては、数字が下がるのは火を見るより明らかだ。この出演自粛は唐田にとって痛手だが、4月期のドラマは、ある意味で高視聴率が“約束”されている作品だっただけに、デメリットは計り知れない。

「日テレの『ミッドナイト――』は、かなりスペシャルなんです。キンプリの平野と、セクシーゾーン中島のダブル主演だから、日テレは4月期のドラマの中で、一番の目玉として考えているそうです」(芸能プロ関係者)

 ジャニーズの人気グループ「King&Prince」の平野紫耀(22)と「Sexy Zone」の中島健人(25)といえば、いまや飛ぶ鳥を落とす勢いのグループの両エース。しかも、ファンのみならず業界の注目度も群を抜いている。

 ジャニーズ事務所は今年「中島健人×平野紫耀 2020 新プロジェクト」を立ち上げた。その活動の一環と言われているのが「ミッドナイト――」なのだ。

 そもそもこのドラマは、日本では一昨年3月に公開された韓国映画「ミッドナイト・ランナー」の完全日本リメーク版。韓国を代表する若手イケメン俳優のパク・ソジュンとカン・ハヌルの2人が主演を務め、大ヒットを記録した。

「2人は警察大学で勉強し始めて2年になる熱血学生。行動派のギジュン(パク)と頭脳派のヒヨル(カン)。親友の2人は外出先で偶然、若い女性の拉致現場を目撃する。学校で学んだとおり、警察に通報するが、捜査は難航し解決に至らない。ただ無駄に時間だけが過ぎていくなかで、ギジュンとヒヨルは自ら捜査を開始する。やがて警察の腐敗や国家的な陰謀、ヤクザなどが絡む大掛かりな大事件に発展していく」(制作会社幹部)

 日本版では行動派のギジュンを平野が、頭脳派のヒヨルを中島がそれぞれ演じるという。

 ヒットは堅いと言われる警察モノで、ジャニーズの人気タレント2人が主演するのだから大ヒットするだろう。オンエア前には、ジャニーズと日テレが手を組み大々的に番組宣伝を打つことも間違いない。唐田はそんなドラマに出られる予定だったのだ。だが、不倫報道がすべてをブッ飛ばしてしまった。
「日テレはもちろん、どこの局でも唐田は使えませんよ。ましてジャニーズ事務所が力を入れてるドラマとあっては、なおさら。唐田にとっては、あまりにもったいなさすぎる大チャンスを逃したことになるね」(前出のテレビ関係者)

 東出のせいで、逃したサカナならぬ、ドラマの役は大きかった!ということか。問題の唐田は“雲隠れ状態”。公式サイトは27日までに閲覧できなくなり「お探しのページは見つかりませんでした」との画面が表示されるようになった。24日にはすでにインスタグラムが閲覧できない状態になっている。