星流さりあと瀬名深月が仮面女子昇格「これがスタートライン」

2020年01月27日 13時52分

仮面女子・アーマーガールズ昇格が決まった星流さりあ(前列左)と瀬名深月(同右)

 地下アイドル「仮面女子」が25日、仮面女子カフェ(東京・秋葉原)25日2部公演で組閣を行い、候補生の星流さりあ(21)と瀬名深月(19)のアーマーガールズ昇格を発表した。

 昨年9月の組閣ではTBS系「有吉ジャポン」がダンステストなどに密着(同11月放送)。昇格を逃し「リズム感のなさ」を指摘された星流はリズム感をよくするために毎日、クリック練習をして、ドラム教室にも通い始めた。6度目の正直になり「諦めかけたり、くじけそうになったときもあったんですけど、大好きな仮面女子、アーマーガールズに昇格する夢がかなって本当にうれしい。これがスタートライン。かっこいい仮面女子を受け継げるよう、これからも頑張ります」と意気込んだ。

 昨年12月のワンマンで、オープニングアクト出演ながら、OGらから高評価を受けた瀬名も、ここが本当のスタートと自覚。「正規メンバーとして9月のワンマンライブに出演できる。自分のパフォーマンスを磨いていきたい」とさらなる飛躍を誓った。

 アマガのリーダー・野咲わか(23)は「胡桃そらちゃん(22)が2月3日に卒業するから、彼女のようなブッ飛びキャラがあってもいいのかなと思います。これからのアーマーガールズに期待してほしい」とコメント。仮面女子リーダー・楠木まゆ(27)は「元アマガとして、期待していた2人が昇格してくれてうれしい。もっと楽しくなるだろうし、仮面女子の底上げにもなると思うと楽しみです」と期待を寄せた。

 2人の候補生卒業とアマガ加入日は、後日発表される。