「IZ*ONE」が2月中に活動再開 宮脇&矢吹“HKT48パワー”胸に韓国へ

2020年01月24日 17時00分

IZ*ONEの宮脇(左)と矢吹

 日韓女性アイドルグループ「IZ*ONE(アイズワン)」が2月中に活動を再開することが決まった。メンバーの宮脇咲良(21)、矢吹奈子(18)は、“HKT48パワー”を胸に先日、韓国へと旅立った。

 同グループは、韓国のアイドルオーディション番組「PRODUCE 48」で勝ち抜いた日韓12人のメンバーで2018年に結成。日本からはAKBグループの活動を休止しているHKT48の宮脇と矢吹、AKB48・本田仁美の3人が所属している。

 若い世代を中心に日韓で人気を獲得したが、番組側が視聴者投票の結果を不正に捏造したことが発覚。騒動の影響でグループは事実上の活動休止に追い込まれていた。

 放送元である韓国の放送局・Mnetは23日、「メンバーの希望や、ファンの皆さんの意見を尊重し、活動を再開することを決定したことをお知らせいたします」と報告。「2月中に活動を再開する予定であり、具体的な日程などは早めにお知らせします」とした。

 さらに、日本の公式サイトも活動を再開する旨を掲載した。

 グループ解散の危機も叫ばれていただけに、3人にとってはホッとひと安心だろう。すでに活動再開に向けて、宮脇、矢吹は“HKT48パワー”でヤル気をみなぎらせている。

「18日に東京で行われたHKT単独コンサートに宮脇と矢吹はお忍びで観覧に訪れていたんです。日本で仲間が頑張っている姿に大いに刺激を受け、終演後は自分たちが活動再開へ動きだしていることも報告。『お互い頑張ろう!』と励まし合い、韓国へと戻ったとか」(芸能プロ関係者)

 コンサート観覧には、元HKT劇場支配人の指原莉乃も同席。“さしこパワー”も吸収し、心身ともにリフレッシュできたという。苦しい時期を乗り越えて、さらに成長した姿を見せてくれそうだ。