やすともが一緒に買い物したい芸能人は「氷川きよし」

2020年01月21日 20時19分

グアムでロケを行ったやすともら

 姉妹漫才コンビ「海原やすよ ともこ」(やすよ=44、ともこ=48)が21日、大阪市内でテレビ大阪のバラエティー番組「やすとものどこいこ!?400回記念inグアムSP」(26日、2月2日午後3時=関西ローカル)の会見に登場した。

 やすともが“お連れさん”と呼ばれるゲストと一緒に町を散策し、気になった商品を買い物する同番組。400回スペシャルでは2週にわたって、お笑いコンビの「COWCOW」「藤崎マーケット」と、3度目となるグアム島での買い物を楽しむ姿を放送する。

 ただ買い物をしているだけなのだが、その絶妙なゆるさが人気になっており、関西ローカルでありながら「KinKi Kids」の堂本剛(40)や「関ジャニ∞」の横山裕(38)らが出演した過去も。芸能人からの逆オファーも多いそうで、ともこは「(吉本だけでなく)外部の方にも『出たい』と言ってもらってる。今は出たい番組もなくなってきてると思うし、ありがたい」と感謝した。

 一方で、一緒にトークをしたい人と買い物をしたい人は全く違うそうで「むやみやたらに、知らん芸能人の人から『出してー』って言われるとちょっと困る。知らん人と買い物するのって緊張するし、怖すぎる」と打ち明けた。

 2人によると「男の人ってゴルフは性格出るって言いますけど、お買い物も性格出ますよ。『この人、せこっ』とか『この人、すぐ欲しがる』とか出ますから」とのことで、買い物を通して、その人間性が見え隠れするという。

 ゲストの側にもそうした思いがあるのか、やすよが「『中川家』が言ってたんですけど、この番組って『特番よりしんどい』らしいです。買い物でモノ見ながらしゃべるのって、男性にはしんどくて、終わった後はめっちゃ疲れて、おなかが減るんですって」と明かすと、ともこは「だから、中川家はあんまり呼ばんのですよ」と笑い飛ばした。

 そんな2人は、今後の共演希望者について聞かれると「あんまりビッグ過ぎて『引くわ、そんなん』ってなるのもイヤやしなぁ…キャラが急変した氷川(きよし)さんとか、お買い物も好きや言うてはったからいいかも。天童(よしみ)さんもお買い物好きって言うてたし、演歌勢いいかも」と絞り出した。