毎日放送・三村社長 ロンブー亮のラジオ復帰「全くの白紙」

2020年01月16日 17時46分

新春会見を行った三村社長

 毎日放送(MBS)の三村景一社長(65)が16日、大阪市内の同局で新春会見を開いた。

 昨年、芸能界を騒がせた吉本興業の反社会的勢力への闇営業問題は同局にも波及したが、同局ラジオ「オレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~」に出演していたお笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」田村亮(48)は先日、相方・田村淳(46)が設立した個人事務所「LONDONBOOTS」の所属タレントとして芸能活動再開を発表。30日に復活ライブ「family」を開催する。

 亮の番組復帰について三村社長は「ウチのラジオに関しては、6月までレギュラー出演いただいていたが、今のところは全くの白紙。本人とプロデューサーと話し合って、そういう(復帰という)流れになるのかどうかはしれませんけれども、今のところは全くの白紙です」と昨夏の会見から、スタンスは変わっていないと強調した。

 また、同局制作のTBS系教養バラエティー「教えてもらう前と後」(火曜午後8時)でメインMCを務める小泉進次郎環境相(38)の妻で、フリーアナウンサーの滝川クリステル(42)が7日の放送をもって産休に入った。14日放送分では、俳優・佐藤健(30)と女優・上白石萌音(21)がゲストMCを務めた。

 三村社長は「番組のスタイルとして、クリステルさんの代役として誰かが立つという形ではなく、『博多華丸・大吉』さんと毎週、違う方をゲストに迎えてやってもらう。彼女が元気に出産して帰ってこられることを前提にしていると理解している」と、滝川の復帰を待つ姿勢との認識を示した。