山里亮太 まだまだ続く“結婚特需”

2020年01月06日 17時00分

千葉県のイベントでふなっしーと絡む山里

 昨年、女優の蒼井優(34)と結婚し、世間をアッと驚かせたのがお笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(42)だ。結婚発表直後に発生した吉本芸人の闇営業騒動に話題を“奪われる”ような形となったが、仕事は今年も絶好調だ。

 テレビ局関係者は「2019年は良くも悪くも、吉本芸人たちが大きなニュースになった。大半が悪い方のニュースだった中、明るい話題を提供したのが山ちゃん。結婚発表後、すぐに勃発した闇営業騒動でちょっと影は薄くなったが、新たなCMが決まったり、仕事面も急上昇。公私ともに順調すぎる日々を送っています。今年もその勢いはとどまることなく、いまだ結婚特需の真っただ中ですよ」。

 昨年末のNHK「紅白歌合戦」でも副音声を使った「紅白ウラトークチャンネル」の司会に抜てきされた。「芸人の中でもイメージが抜群にいい山里のもとには、CMなど多くのオファーがひっきりなしに届いています」と広告代理店関係者。

 山里は5日、千葉市で行われた「千葉県 40歳のW成人式2020」に登場した。このイベントは同市出身の山里が発起人となり、千葉県出身・在住の40~42歳の人を対象に開催された。

 山里は登場するなり「皆様の大好きな千葉で育った私が、なんと結婚することができました。先ほどもそこまで(蒼井に)お見送りをしていただきました」とのろけた。

 さらに「去年、この(同会場で行われた)W成人式のあとにテレビの取材で『蒼井優さんが僕のこと気になってるみたいだから、ひょっとしたら結婚とかあるかもしれませんよ』と答えた。そのときはまだお付き合いもしてなかった。奇跡起きましたよ。言霊があったのかもしれない」などと次々と結婚ネタを発射し、会場を沸かせた。

 結婚特需はまだまだ続く。