タモリを世に出した山下洋輔氏 2人の出会いを48年ぶり“おさらい”

2020年01月05日 17時00分

「山下洋輔トリオ結成50周年コンサート 爆裂半世紀!」のステージに立ったタモリ(左)と山下洋輔氏(撮影・菊地英二)

 大御所タレント・タモリ(74)の芸能界デビューの“正しい歴史”は?

 昨年末に都内で行われたジャズピアニスト・山下洋輔氏(77)率いる「山下洋輔トリオ結成50周年コンサート 爆裂半世紀!」でのことだ。同トリオの記念公演では、歴代のトリオメンバーや、親交が厚いスペシャルゲストが登場。タモリもその一人だった。

 タモリが芸能界デビューするきっかけを作ったのは、このトリオだったことは有名な話。1972年に福岡公演終了後、山下氏らがホテルの部屋で打ち上げをしていたところ、そこにタモリが乱入し、爆笑を巻き起こした。その数年後、山下氏らが「福岡に面白い男がいる」と東京に呼び寄せると、今は亡き漫画家の赤塚不二夫さんが大いに気に入り、芸能界デビューする運びとなったという。

 ところが、50年近くたっているため、その歴史があやふやになっていたようで、ステージに上がったタモリは「みんなが揃っためったにない機会だから、きちんと整理しましょう」と“訂正”を申し出たのだ。

 タモリは「別の部屋で飲んでいて、帰ろうとしたところ、ドアが少し開いていて、中村さん(サックス奏者)がゴミ箱(麻でできた籠)をかぶって、虚無僧のものまねをしているのが見えた。それで『ここはオレと波長が合うな』と思って、乱入した」。

 普通、なかなか知らない人たちの宴会に参加することなどあり得ないだけに、よほど波長が合ったということだろう。その証拠に、タモリ自らの車にトリオのメンバーを乗せ、九州ツアーについて回ったというほどだ。

 さらに「ふざけて、高速の料金所で、でたらめな中国語をしゃべって、タダで通れないかいたずらをしたよね。結局、ダメで料金を払ったけど」と過去のおふざけを告白すると会場も大爆笑。

 この出会いがなければ今のタモリも存在しなかっただけに、貴重なエピソードが披露された一夜だった。