昨年末出産を明かした浜崎あゆみ ママとの両立・歌姫復活なるか

2020年01月04日 17時00分

浜崎あゆみ

 歌手・浜崎あゆみ(41)が昨年末に出産していたことを明かしたが、このビッグニュースは今年の浜崎を盛り上げそうだ。

 浜崎は1日深夜に公式ファンクラブサイトで「昨年末に天使を産みママになりました」と出産していたことを報告。出産日こそ明かしていないが、大みそかには恒例のカウントダウンライブを敢行した。産後間もないライブだったことから、ファンからは心配する声が上がっていた。

 そんなファンに対し、浜崎は3日にインスタグラムを更新。ライブには多くのスタッフのほか「それこそ24時間態勢でサポートをしてくださる病院の先生方、助産師さん達も居て下さいました」と説明。その状況だからこそ、ライブができたのであり「女性が産後すぐに動けるという事の証明では決してありません。肉体的にも精神的にも難しい産褥期を身をもって実感している今、誰よりも側で支えてくれる家族と友人達に感謝の気持ちと共に、日本中の妊婦さん達、お母さん達が休まる時間を十分に持てますようにと心から願っています」とつづった。

 昨年は浜崎の半生をつづった自伝的小説「M 愛すべき人がいて」が大ヒットし、脚光を浴びた。

 ある業界関係者は「一時の勢いこそないですが、根強いファンに支えられ、カウントダウンも成功しています。今年は4月に『M』のドラマ化も予定されており、ママとなった浜崎には再び注目が集まるでしょうね」と期待している。

 ファンサイトでは「まだまだ思うように両立できずに自分にがっかりする日もたくさんあります」とつづっていたが、忙しい日々を送ることになりそうだ。