【レコ大】近藤真彦「愚か者」大賞は「事務所一丸で取りにいった」

2019年12月30日 20時57分

「第61回 輝く!日本レコード大賞」は30日、東京・新国立劇場で行われ、今年7月9日に死去したジャニーズ事務所創設者のジャニー喜多川さん(享年87)に特別音楽文化賞が贈られた。

 同賞は音楽文化の発展に寄与し、日本レコード大賞へ多大な貢献をもたらした人物に贈られる賞として新設された。この日はジャニーズ事務所を代表して、1987年に「愚か者」で大賞に輝いた近藤真彦(55)がジャニーさんに代わって受賞した。

 近藤はジャニーさんについて「恩人です。ジャニーさんがいなければ、今のボクはないですし、後輩たちにとっても恩人ですね」。また「愚か者」で大賞を受賞した時のことを「事務所が一丸となって(大賞を)取りにいったのを覚えています。ジャニーさんは『裏方だから、裏方だから』と言いながらも表も好きな方だったので、喜んでくれたんじゃないかと思います」とユーモアを交えて振り返った。