西川忠志の吉本新喜劇入団10周年記念公演に戸田恵子が出演

2019年12月25日 14時21分

左から吉田裕、池乃めだか、西川忠志、内場勝則、島田珠代

 吉本新喜劇の西川忠志(51)が25日、大阪市の吉本興業本社で、吉本新喜劇入団10周年記念公演「感謝」(来年3月15日、なんばグランド花月)の開催発表会見に登場した。

 西川きよし・ヘレン夫妻の長男の忠志は、1987年に俳優として芸能活動を開始。芸歴は32年になるが、吉本新喜劇に入団したのは2009年11月17日のこと。入団会見に立ち会った池乃めだか(76)と内場勝則(59)がこの日も同席したが、当時について内場は「いや、僕は同席してない」、めだかも「僕は覚えてますよ。昨日言われたから」と話し、笑いを誘った。

 西川は記念公演について「森繁久彌さんや森光子さん、藤山直美さんらと共演させていただく中で、皆さんの芸道の中に笑い、喜劇というものがあった。喜劇の勉強もしたいと思い、吉本の許可をいただいて入団させていただいて10年。培ったことをぶつけたい。突飛なことをしようと思っていないし、いつものように新喜劇を見てホロッとしてもらうのが一番。その中で、僕は歌ったり踊ったりも好きなので、新喜劇ではない西川忠志も見ていただけたら」と意気込んだ。

 特別ゲストには、新喜劇入団前から親交のある女優・戸田恵子(62)を招く。

 女優や声優として多忙な日々を送る戸田に、西川は無理を承知で「新喜劇、ご一緒していただけませんか」とオファー。戸田から「忠志も32年でお知り合いが多いのに、よく私を選んでくれた。大阪で公演があればなんばグランド花月にも見に行っていた。その舞台に立てるなんて夢にも思わなかった、ありがとう。オファーは大のプレゼントだよ」と快諾を得たことを明かし、「吉本新喜劇という劇団とコメディエンヌの戸田恵子さんとのコラボ作品になりますのでお楽しみに」と笑顔でアピールした。