元AKB平嶋夏海がグラビアで存在感 出版業界を助ける“ロリとムチ”のギャップ

2019年12月23日 17時00分

くっきりとあらわになった胸元がまぶしい平嶋

 元AKB48の平嶋夏海(27)が、グラビア界で存在感を放っている。身長154センチと小柄ながら、B88・W60・H88という肉感的なボディーがウケているのだ。

「出版界では、平嶋のグラビアを載せると部数が上がるとまで言われています。20代後半ですが、ロリフェースとムチムチボディーのギャップにファンは悩殺されているようです」とは週刊誌編集者。

 毎年カレンダーの発売は恒例となっている。22日、都内で行われた2020年カレンダー発売記念イベントでは、胸元が開いたワンピースを着て登場。「今年発売されたDVDのアザーカットになります。グアムや沖縄で撮りました。大人の内容になっていますね」とアピールした。

 もちろん、水着姿も期待を裏切らない。今回のカレンダーにはマイクロビキニのカットが使われているので「買っていただいた人はドキッとしてくれると思います」。

 喜んでいるのはファンだけではない。平嶋の家族もカレンダーを喜んでくれているという。「平嶋家では、リビング横の一番家族が使うトイレに飾っています。私もトイレで自分に見られながらしている」とニヤリ。

 今年1年を振り返り「バラエティーに声をかけてもらうことも増えましたね。この流れに乗って、来年はもっとテレビで活躍したいです。10代から女優さんになりたかったので、演技の仕事をもっと増やしたいです」と目を輝かせた。

 芸能関係者はこう言う。

「グラビアをやることでAKB時代より表情が豊かになっているよね。これが女優業にも役立つのでは? 今後さらに露出が増えることでしょう」

 来年を飛躍の一年にしたいところだ。

【関連記事】