「E―girls」が活動終了を電撃発表 来年いっぱいでそれぞれの道へ

2019年12月22日 16時00分

解散を発表した「E-girls」右から山口乃々華、坂東希、SAYAKA、武部柚那、鷲尾伶菜、佐藤晴美、藤井夏恋、楓、YURINO、須田アンナ、石井杏奈

 28日でデビュー8周年を迎える11人組ガールズユニット「E―girls」が22日、来年いっぱいでの活動終了を発表した。

 佐藤晴美(24)、坂東希(22)、石井杏奈(21)、山口乃々華(21)は役者やモデルを、藤井夏恋(23)、SAYAKA(24)、楓(23)、YURINO(23)、須田アンナ(22)の「Happiness」は「88rising」と新たにタッグを組み、本格的に世界進出を目指す。

 また、武部柚那(21)は、アフロジャックが世界8都市で開催したオーディション合格メンバーと新たなユニットを結成。鷲尾伶菜(25)はソロアーティストとしてデビューする。

 来年1月29日にニューシングル「別世界」をリリース。2月からは約1年半ぶりのアリーナツアーで全国を回るが、これがラストツアー。7月4日の宮城公演がラストとなる。「個々の目標に向かった前向きな解散。メディア露出は来年大みそかまで」(関係者)という。