カラオケ絶対女王さらなる夢 奄美出身・城南海の大酒豪エピソード

2019年12月19日 17時00分

奄美大島の歌姫・城南海(きずき・みなみ)

 テレビ東京系「THEカラオケ★バトル」で“絶対女王”として君臨した奄美大島の歌姫・城南海(きずき・みなみ、29=写真)。黒糖焼酎の産地、奄美出身らしく、超がつくほどの酒豪であり、胸にある野望を秘めている。

 城は18日、都内で行われた新アルバム「one」の発表会に、クリスマスシーズンにちなんでサンタクロースの衣装で登場。ただ、クリスマスを満喫することはできないようで「イブもクリスマスもガッツリ仕事」と苦笑いするばかりだ。

 今年はアルバム収録曲の「ONE」が、ドラマ「特命刑事カクホの女2」(テレビ東京系)で主題歌に採用され、教師役でゲスト出演もした。

「以前行われた会見で、記者に『ドラマに出たくないですか?』と聞かれ『(刑事ドラマなので)死体役でもいいから出たい』と答えたら、出演が実現した」と笑顔で話した。

 ドラマ出演という願いはかなったが、次は「お酒のCMに出たい」と目を輝かせた城。実は大の酒好きで「黒糖焼酎の『れんと』が好き。黒糖の香りを楽しみながらパッションフルーツを入れて飲むとおいしい」と、お気に入りの飲み方を紹介するほど。さらに、城の酒好きは業界では有名な話だという。

 芸能関係者は「城さんはお酒が強い。飲み会で城さんに合わせて飲んでいたらみんな潰れてしまう。何杯飲んでいるか分からない」と証言した。

 そんな大酒豪の城は「(デビュー)10周年を経て、またスタートに立つという気持ちで、髪も切った。来年は、ニュー南海として、何も恐れずにチャレンジ精神で楽しみながらやっていきたい」と抱負を語った。歌手でありながらドラマにも出演するなど、新たな分野に積極的に挑戦している城。そのチャレンジ精神で念願のCM出演をかなえることはできるか!?

【関連記事】