男前1位の兼近「ファンの皆さんに取らせてもらった」

2019年12月18日 12時21分

男前3位・アインシュタイン河井(左)の祝福を受ける男前1位のEXIT兼近。右はブサイク1位のアインシュタイン稲田

 伝説の企画が4年ぶりに復活! イケメン、ブサメン芸人の頂点を決める「よしもと男前ブサイクランキング2019」結果発表会見が18日、都内で行われ、男前1位に兼近大樹(28=EXIT)、ブサイク1位に稲田直樹(34=アインシュタイン)が選ばれ、それぞれ賞金100万円を贈呈された。

 兼近は「何を言っても調子こいてると言われそうだけど、順当ですかね。(りんたろー。から)イケメンでワンツーフィニッシュしようとマジで言ってきて、どっちが1位になっても半々にする約束だったが、踊らされてたんだな。ファンの皆さんに取らせてもらったので、賞金の半分はファンに還元したい」と語った。

 相方のりんたろー。(33)は、ダブルでランキング入りする“快挙”を達成している。もとより、賞金を山分けする必要などなかっただろうが、兼近は相方とファンに恩義を感じており、こうでも言わないと気が済まなかったのだろう。

 今年9月、「週刊文春」が兼近の過去の犯罪歴を暴露。その際、兼近は潔く事実を認め、りんたろー。はそんな相方を必死でかばった。自分の過去がバレても見捨てなかった相方とファンには、感謝してもしきれないというのが本音ではないか。

 兼近は「果物にも旬はある。そのうち僕も腐っていくと思うが、旬を過ぎて、ここに上がれるように、いつまでもおいしいものでいたい」とコメント。「バイブス、いと上がりけり~」「ポンポンポ~ン!」などのチャラ系一発ギャグだけに終わることなく、この先も精進することを誓った。

 一方のりんたろー。は「ブサイク2位はファンがふざけちゃったからでしょ。3万票分は。僕は男前だと思っている。一番美容にお金かけているから。でも、行く先々で、すべてのサロンにすでに井上(裕介=NON STYLE)さんが行ってらっしゃる。常に先を走り続けて」と苦笑い。自身ではイケメンを気取るも、行動はなぜかブサイク殿堂入りした井上に似ているようだ。

 かといって、ブサイクの頂点を目指すには、稲田という大きな壁が立ちはだかる。りんたろー。は「13万票の差は大きい。偉大過ぎる」と頭を抱えた。ちなみに、兼近は「一切お金をかけないでこれ」と、美容に金をかけていないことを明かしている。

 ランキングは以下の通り。

【男前ベスト5】1位=兼近大樹(EXIT)9万2306票、2位=川西賢志郎(和牛)7万5091票、3位=河井ゆずる(アインシュタイン)5万126票、4位=西野亮廣(キングコング)3万9020票、5位=りんたろー。(EXIT)1万1217票

【ブサイクベスト5】1位=稲田直樹(アインシュタイン)16万666票、2位=りんたろー。(EXIT)3万2617票、3位=梶原雄太(キングコング)2万820票、4位=ゆうへい(吉田たち)9873票、5位=ナダル(コロコロチキチキペッパーズ)8109票

【関連記事】