【レコード大賞】3連覇かかる乃木坂46齋藤飛鳥「愛を伝えられるステージに」

2019年12月17日 04時00分

勢ぞろいしたレコード大賞各賞の受賞者

 TBS系で30日午後5時30分から生放送される「第61回輝く!日本レコード大賞」の各賞受賞者が16日、東京・港区のTBSで記者会見を行った。

 会見には日本レコード大賞候補となる優秀作品賞に輝いたAKB48、乃木坂46、欅坂46、日向坂46、DA PUMP、Foorin、最優秀新人賞候補となる新人賞に輝いた海蔵亮太(29)、新浜レオン(23)、BEYOOOOONDS、彩青(16)、さらに最優秀歌唱賞を受賞した市川由紀乃(43)が出席した。

 今年は秋元康氏(61)がプロデュースしたAKB48、乃木坂46、欅坂46、日向坂46の4組が優秀作品賞を受賞。中でも3連覇がかかっている乃木坂46の齋藤飛鳥(21)は「2年連続で賞を頂けたことも、大げさではなく奇跡だと思っています。グループのことが大好きなメンバーが集まっているので、30日はみんなと、ステージに来られないメンバーの気持ちを背負って、乃木坂46への愛を伝えられるステージにしたい」と意気込んだ。

 またAKB48の向井地美音(21)は「AKBが一番元気に明るくパフォーマンスしたい。最年長のゆきりんさん(柏木由紀)も、30歳まで頑張ってくれると言ってくれている。ゆきりんさんが一番元気なので」と話した。

 小中学生5人組ユニットのFoorinのもえの(11)が「これからも一人でも多くの方に『パプリカ』で元気や笑顔を届けたい」と言えば、2年連続で優秀作品賞を受賞したDA PUMPのISSA(41)は「当日はゆきりんとFoorinに負けないように、元気にやりたい」と笑わせた。

【関連記事】